ヴィンテージパーツの個性派ピアス・イヤリング【LAVAMME】 LAVAMMEではアンティークモードをコンセプトに、個性的で大振りなピアス・イヤリングを制作しています。海外から取り寄せたヴィンテージボタン・ビーズを元に1からデザインした人気アクセサリーは、どれも一点物で、個性派コーディネートを楽しみたい方におすすめです。金属アレルギーにも対応していますので、お気軽にご相談ください。

ボタンピアス ハンドメイド 作り方

皆さんこんにちは!

アクセサリーブランドLAVAMME【ラヴァーム】のyuniです!

 

今日は私が題材の一つとしているヴィンテージボタンを使ったピアス

作り方をご紹介します!

細かく言うと、ボタンの裏処理です。

以前、ヴィンテージボタンの魅力についても語らせてもらってますので併せて

ご覧いただければ・・・と思います♡

 

様々な種類のボタンのピアス

ボタンにも様々な種類がありますよね!

中でもピアスに使われる代表的なボタンの裏処理をお見せします。

 

 

 

 

足付きボタンピアスの作り方

 

足つきボタンは数ある種類の中でも一番所為が簡単な方だと思います。

まずは足をニッパーで切ります。

このニッパー、100均で200円でした。

もはや100均じゃありません。

ですが優秀!

 

 

1回ではキレイに切れません。

こんな感じに残ります!

 

 

 

横からみたらこんな感じ。

ここの出っ張ってるところはルーターヤスリで削ります。

白くなったり傷が付いたりするので全体的にヤスリをかけてしまうか

部分的にルーターで削る事をおすすめします!

 

 

 

ヤスリをかけたあと

平らになりました\(^o^)/

 

 

 

トンネル型ボタンのピアスの作り方

下のボタン。

 

トンネル型ボタンに関しては裏が平らになっている場合は

そのまま金具をつける事もあります!

山型になっている場合は平らになるまで削ります。

厚みが出ても良いなら下記の所らへんまで削ればOK!

 

横から見ると平ら\(^o^)/

 

補足ですが後ろに写っているヤスリ、こちらも100均でGETしてます笑

完全にカボションのようにしたい場合はルーターよりもこちらの鉄ヤスリで

ガシガシと削っちゃう方が良いです!

ただ!気力と気合必要です!!笑

 

 

金属ボタンピアスの作り方

こちら金属ボタン(右上)

 

裏処理が一番厄介なボタンです泣

 

まず、出っ張っている足をニッパーで切ります。

並行目線で見ると足の部分が飛び出ているのがわかります。

その飛び出ている部分はルーターで横から見た時に並行になるように削ります。

 

その後、穴をレジンで埋めます。

(これも並行で見て平らになるように頑張ってください!)

 

 

 

 

金具の付け方

それぞれボタンの裏処理が終わればそのままピアス・イヤリング金具を付けてOK!

接着剤で付けたあと、上からレジンでコーティングします。

そうすれば強度も増し軽い衝撃程度ではとれません!!

足つきボタン↑

 

トンネルボタン↑

 

 

そのまま金具を付けても良いですが

貼り付けパーツを付けた上にピアス金具を付けても良いです。

そうすることで貼り付けパーツのカンのところにチャームなどを付けてゆらゆらと・・・

ただのボタンピアスではなく自分自身のアレンジピアスの完成です\(^o^)/

 

LAVAMMEでは、そのまま金具を付けてキャッチ部分にチャームをつけて2way仕様にする事も多いです!

(それも結構、大振りにしちゃう!)

作品も随時サイトにてUPしておりますので興味ある方はぜひ覗いてみてくださいね

ボタンピアス他、シルバーカラーピアス、カボションピアス、、、

多彩な色味のピアスをご用意しております。

 

 

関連情報

ヴィンテージパーツの個性派ピアス・イヤリング【LAVAMME】

ヴィンテージパーツの個性派ピアス・イヤリング【LAVAMME】

LAVAMMEではアンティークモードをコンセプトに、
個性的で大振りなピアス・イヤリングを制作しています。
海外製のヴィンテージボタン・ビーズを元に
1からデザインした人気アクセサリーは、
どれも一点物で、個性派コーディネートを楽しみたい方におすすめです。
金属アレルギーにも対応していますので、お気軽にご相談ください。

屋号 LAVAMME
住所 〒734-0034
広島県広島市南区丹那町12-5-201号 アイランドビル14
営業時間 10:00~19:00
不定休
代表者名 金森 由衣 (カナモリ ユイ)
E-mail info@lavamme.com

コメントは受け付けていません。

特集